ホーム > 診療案内 > 笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静法

◎笑気吸入鎮静法について

無痛治療のページで簡単にご紹介しておりますが、こちらでは詳しくご説明します。

当院では、患者者様の「怖い・痛い・辛い」という気持ちや治療時の不快感を軽減して、もっと楽な気持ちで治療を受けていただくためにさわやか診療「笑気吸入鎮静法」を取り入れております。

◎笑気吸入鎮静法とは・・・

笑気吸入装置で、笑気と酸素を混合し、専用の鼻マスクをつけて患者様にゆっくり鼻呼吸をして吸引していただきます。

この笑気は、ほんのり甘い香りで、違和感なく吸入できます。
吸入された笑気は肺から血中にゆっくり溶け込んで、約5分で鎮静状態になります。
こうしている間に、笑気の効果が現れてきます。意識は保たれた状態ですが恐怖心や不快感、ストレスから開放されリラックスしている状態になります。
たまに、リラックスしすぎて寝てしまう患者様もいらっしゃいます。

しかし、こちらから呼びかければきちんと受け答えはできます。
もし治療で痛みがある場合や体調不良などがあれば、きちんと訴えることも可能です。

感覚としては、お酒を飲んだときのほろ酔い気分に似た感じと思っていただけると良いかと思います。

治療が終わりしだい笑気の吸入をやめて、酸素だけ吸入していただくと鎮静効果から覚めて元に戻り、帰宅が可能です。

この笑気自体は、鎮静効果はありますが、鎮痛効果はありませんので、ご了承下さい。
麻酔が必要な治療の場合は併用して使用することが可能です。その日のご自身の体調や体験された恐怖の度合いに合わせて笑気の濃度、流量を調整していきます。

◎試された皆さんが実感されたコメントです。

  • 麻酔の注射がいつの間にか終わっていた。
  • 体が温かく感じた。
  • 遠くの方で音がぼんやり聞こえている感じがした。
  • 心地良かった。
  • 体が軽くなった。
  • 眠くなった。

と使用後コメントをいただきました。

笑気吸入鎮静法はほとんどの方に適応となりますが(鼻呼吸が出来れば)
特に下記のような患者様におすすめしています。

  • 歯科治療に恐怖心、不安感、不快感を持っている患者様
  • 神経質な患者様
  • こどもを歯科治療に慣れさせるため
    (泣き叫んで暴れる子を黙らせるための使用目的ではありません。あくまで治療を受け入れる意志が主体です。)
  • 今までの病歴で、歯科治療中の神経性ショック、脳貧血様発作、疼痛性ショックを有する患者様
  • 心疾患、高血圧など、内科的慢性疾患を持ち、歯科治療のストレスを軽減すべき患者様
    (循環器疾患を持つ患者様(歯科が苦手な患者様)にストレスを与えると血管や心臓に大きな負担をかけてしまい、例えば、高血圧、不整脈などが起きたりします。)
  • 口の中を触られると吐き気を催しやすい患者様 など

怖くてなかなか歯科医院に行けないという患者様、ご自身が一歩踏み出さなければなにも変わりません。
患者様がこれまで経験されて辛かったこと、悩みをまず私どもに話してください。
そして、ご自身でこの笑気吸入鎮静法を試して不安を安心に変えるさわやか診療を体験してみてください。

リラックスできるようなら、まず簡単な治療から始めてみましょう。
治療のときに感じるストレスを軽くしていきましょう。
私どもは、そのお手伝いを快くお受けいたします。

24時間ネット予約

診療案内

ご案内

光琳寺通り歯科
熊本市中央区下通1丁目11-8
甲斐ビル3階
診療科目
歯科・小児歯科(各種保険取扱)
診療時間
平日
 朝9時から夜9時まで
土曜
 正午から午後4時まで
休診日
日曜・祝日
ご予約
電話:096-312-4618
診療カレンダー
休診日:日・祝日/水曜:正午〜4時休診